やっと楽になれたかな

かわいいたろたろちゃんが先ほど亡くなりました。根本治療の無い難病とわかり、もって1年〜2年と言われていたたろちゃん。1年近くも辛い闘病生活を続けてきました。最近は痙攣も増えて来て心配していたけど、それなりに安定した容態だったのに、最後はとても突然でした。でもこれで無理矢理にゴハンを流し込まなくていいのかと思うと「もう辛く無いよね、よかったよね」と言ってしまいました。

強制給餌をしなければたろちゃんは死んでしまうけど、嫌がるのを無理に与えるのはとても辛かったです。(それも1年ちかくも)硬く閉じた口を無理に開けようとするため、顔が圧迫されて腫れてしまったり、口角に爪が引っ掛かって出血させたりしてしまい、強制給餌がたろのためとはいえ、かわいそうな事をしていました。今はそんな嫌なことも起こらないし、のんちゃんのいることりパラダイスでいっしょに楽しく暮らしてほしいと思います。

たろちゃんの事で、他にも難病と闘っている人がたくさんいる事を知りました。その方々のお話はとても励みになりました。
たろちゃんが「前胃拡張症候群」という病気だと知ってから、いつかはこんな日が来るとは思っていたけれど、やはり辛いものですね・・・・
「前胃拡張症候群」は根本治療もなく難しい病気です。それでもアメリカからこの病気にも効果のある薬が出たりと少しづつ進歩していました。その薬はたろが初めて使って、ちょっとだけ効果がありました。その事が今後この病気の治療に役立っていければいいなと思いますし、いつかこの病気の根本治療ができる方法ができればいいなと思います。

写真は最近のたろちゃんの写真ではいちばんかわいい顔をしているものです。
羽とかボロボロで顔も腫れてるけど夫のベガを見る顔のかわいいこと・・・
対して感動に震えるベガがブレブレなのが笑えますけどね・・・・

たろちゃんの事応援してくれた皆様
ありがとうございました
saori * インコ達 * 23:46 * - * - * - -

小桜堪能

Qちゃんしょうぶ今日はお友達の家に遊び半分、仕事半分でお邪魔させていただきました。小桜インコいっぱいで楽しいおうちです。おはな
我が家ではのんちゃん(ノーマルコザクラ)がいなくなって寂しい思いをしていたので、特にアカデコ軍団を堪能してきました(ノーマルコザクラがおでこが赤いのでそう呼ぶ)
写真は「ザ・ラブバード」の表紙も飾ったモデルインコQちゃんと、我が家から里子に出たしょうぶです。 Qちゃんは鏡にうつっている後頭部までかわいいでしょ?おてんきしょうぶは我が家ではチビチビだったのに(一番最後の子だったからね)今ではどどーんと体格の良いお子さまに育っています。すみれとつくしの因子だからそうは大きくならないと思ったけど、育ったね〜!ラッキー
ぷち家水浴び

出がけに電話したところ「これから水浴び〜」という所を待ってもらって、みんなの水浴びも堪能させていただきました。しかし友人宅まで2時間ほど。しかもなぜかいつも乗り継ぎを間違ってしまって、30分ほどオーバーして到着します。たらーっ
なのでみんな水浴びがしたくて待ちくたびれてしまっていましたたらーっ
ごめんね〜方向音痴っていうか電車音痴もあるかも・・・・
saori * インコ達 * 23:00 * - * - * - -

ぼたきんぎょ

ぼたきんぎょ


「あみコレ」に今回でてみるわけですが、参加するにあたって、3種類以上のあみぐるみを製作しなくてはいけないという規定がありました。
インコ(鳥)と兎で2種類は作れるな....あと1種類....
と考えた時に以前から作りたいと思っていたモチーフが浮かびました。
「金魚」です。しかも「デメキン」
我家にはルリコシボタンインコの「りゅり」がいますが、
ボタンインコって小桜インコとくらべると怪しいというか妙な動きをします。
にょろにょろ動くというか.....(うちのりゅりだけ?)
デメキンの泳いでいる姿を見ると「ぷ!うちのりゅりそっくり!」
と思ってしまうんですよね。
デメキンがボタンインコ柄だったらかわいいかな〜と思っちゃいまして
ボタ金魚というキャラクターを密かに作っていたのでした
(絵本でも作ろうかと思ってまして.....)
今回これを編みぐるみで作ってみました
ボタンインコになりたいデメキン、ぼた金魚です。イヒヒ
kaori * KAORIの手作り日記 * 23:52 * - * - * - -

セキセイの縞しま

セキセイの縞作品を作る中で、セキセイの縞模様をつけるのが好きです。おはな
ちょっとめんどくさそうに見えますし、手間暇かかるものなんですが
「しましま〜」と作業をして出来上がった時は「おおー!」チョキと我ながら感動しちゃったりします。
大きいぬいぐるみ、コットンで作るパッチワークインコや、羊毛のフラワーインコは刺繍で縞をつけていきます。一針一針刺してできていくのが楽しいです。おてんき
小さめの羊毛ぬいぐるみはフェルティングニードルで羊毛を細かく刺して縞を作ります。刺繍の方がめんどうのようで、実はニードルで刺す方が大変。指を刺して怪我したりもしますし病院
陶土ものは絵の具が陶土に吸い込むので、失敗してもやり直しがききません。なので精神統一して、手が震えないように「しゅるんっ」とした線が描けるようにしています。
お友達の粘土作家さんも縞もようには「命をかけて描く」そうです。他にはオカメのパール模様とか。こういった細かい模様ってはまってしまうとはまるみたいですね。ポッ
品種の中には頭部に縞が入らない個体というのもいるので、そういった子も作った方がいいのでしょうね。でも縞模様を作るのが好きな者としては、やはり縞に「命をこめて」作りたいな〜と思います。
saori * SAORIの手作り日記 * 15:56 * - * - * - -

だめですね〜(^^;)

このところずっとブログ書いてませんでしたね・・・たらーっ
ちょっと体調を崩してしまって何だかダラダラしちゃってましたムニョムニョ
喉の調子は改善してきたのですが、身体の痛みがどうにも止まりません。
神経痛か痛風か はたまたリュウマチにでも??と大袈裟に考えたりしてたらーっ
で、それに加えアレルギーを併発してしまい
全身痛いやら痒いやらで夜も眠れなくなってしまいました撃沈
今はちょっと強めの痛み止めと炎症止め、抗アレルギー剤で復活しました

アレルギーは何がアレルゲンなのかわかりません
小さい頃から青魚がダメだったり蚊に弱かったり(刺されるとすぐ腫れて痛い)
寒冷蕁麻疹が出たり 石鹸とかダメなのがあったりとかけっこう敏感肌です
でもこの時期に多い杉花粉による花粉症にはなっていません
しかしこの4〜5月の風の強い日に外出したり干していた洗濯物を着ると
全身がかゆ〜〜〜〜くなるんです
発疹はありませんが、肌の内部がざわざわする痒さです
母いわく「小さい頃にマツボックリを触って手の皮がズルムケになったから、松の花粉アレルギーなんでは?」と(そんなのあるのかな?と長年の疑問ですが)
(小さい頃マツボックリって恐いものだった)

今年はそれが酷いようで、我慢できない痒さでした撃沈
薬局でも「アレルゲンを特定するパッチテスト受けた方が良い」とか
もしかしたら呼吸器には出ないで皮膚だけに反応する杉花粉のアレルギーかもしれないと言われました。
でも杉花粉って1月後半から飛んでますよね?なぜ4〜5月限定なんだろう?

28日はすみれとたろの通院でした。風が吹いていましたね〜
なのでちょっと痒さが復活・・・うーん。早く6月になって困惑

すみれちゃんはまた血液検査受けました
まだはっきりしてませんが白血球数が高いままのようです
食欲もあって元気に見えるのだけど運動機能がおかしくなってきたみたい
今日 ちょっとだけ放鳥してあげようとしたら
飛べるけど着地がわからないみたいになって壁にべこべこ当って床に落ちてしまいました
びっくりしたのか痙攣も起こしてしまい冷や汗もうすみれは放鳥できないな・・・・
元気に見えてもやはりどこかおこしいようです。
たろも先週2回痙攣を起こすし どーも改善はしていません
それでも2羽は1日 かわいい姿を見せてくれます<ありがとう桜
わたしも痒いとか文句いってないでがんばるよー!
ついでにわたしの風邪がうつってしまってうなっているkaoriにもがんばれ!と言っておこう<でも風邪うつしてすまん・・・たらーっ

#そうそう!ぐりの怪我はすっかり良くなって元気に飛び回ってます
saori * つぶやき....... * 01:48 * - * - * - -
このページの先頭へ