青菜むしゃむしゃ

むしゃむしゃすみれ
すみれちゃんは青菜をあまり食べなくなっていました。(一口くらいしか)
が、お薬を飲むようになって薬味のお水が嫌なのか青菜をむしゃむしゃ食べるようになりました
お薬の利きが悪くなってしまうのであまり青菜をあげられないのですがあげるとこのとおり、芯のところをむしゃむしゃしゃぶってます。
すごい顔ですね.....
白血球数がすごいわりに元気なすみれさんです

たろちゃんは相変わらず強制給餌をしています。
麻の実を買ってあげたら気に入っているらしく夕方には自分だけでも食べてくれるようになってきているので回数が減って以前より楽にはなってきました
昨日また痙攣を起こしていたので、まだまだ安心できる容態ではないのですけど
以前より体重もあがっているし...それだけでなんだか安心してしまってます
kaori * インコ達 * 03:28 * - * - * - -

ビーズ

ビーズ
ガラスが好きなので、ビーズも好きです
ちょっと変わったビーズがあるとつい買ってしまいます
←そんな中の一部のビーズ達 チェコやスワロが多いかな??
スワロのソロバンは使う予定がないのに綺麗な色だなと思ったものは買ってしまって
どうするんじゃ〜!となってます。


これらのビーズを使わないとな〜といつものスワロインコにプラスして
アクセサリーを作ってみました
鳥アクセサリー


リングとお揃いのインコのデザインのブレスレット。
今迄作ったスワロインコをその時の気分でつけられるようなブレスレットが
ほしかったので、チェーンで作ってみました
(今迄のスワロインコはカニカンでぶら下げる事ができるものが多いので)
スワロのハートとインコがユラユラ、キラキラしてやっぱりスワロは綺麗だなーと
ついつ眺めてしまいます
続きを読む >>
kaori * KAORIの手作り日記 * 11:01 * - * - * - -

●ぬいぐるみの歴史

歴史シリーズ?第二段!?
前回フエルトの歴史などを載せたら、友人達に好評なので調子にのってぬいぐるみ編!
ぬいぐるみ歴史

最初はぬいぐるみは製作が母の担当でした。KAORIとSAORIでああだこうだと口出しして何とか作ってもらったのです。試作は真っ白なフェークファーで作って型紙起こしをしたのですが、いざ製作となった時にぶちあたった問題が・・・・。インコを作るためのフェークファーの色が無いのです。ダイロンで白のフェークファーを染めて作ってもみましたが、化学繊維のフェークファーはうっすらとしか染まりませんでした。しかも熱湯につけながらなので母が手を火傷しながらの作業になるは、繊維が熱で変形するはで販売できる物は作れません。そこで色が豊富で、しかもフェークファーに少しでも近付けるように起毛した布で作る事にしました。コザクラインコやセキセイインコは起毛したタオル地を使い92年から販売しました。オカメインコはしっとりした羽の風合いを出すため、べっちんを使用。こちらは95年から販売をしました。これらはあおば出版発行の「インコと遊ぼう2」に掲載されました。
 90年代後半にコザクラインコにできそうなフェークファーを発見し、それで作ったのですが、このフェークファーも販売中止だとかで少ししか入手できず、実際に販売はできませんでした。この頃はフェークファーの需要ってあまりなかったのでしょうか・・・・。今探せば良いものが見つかるかもしれませんが、地方のうちではなかなか良い色って入荷しないんですよね。起毛布でぬいぐるみを作っていても、いつかはフェークファーのもので販売できたらと思ってはいるのですがなかなか難しく、2001年にkaoriがふわふわの毛糸でフェークファーのぬいぐるみに見えるあみぐるみを作りました。これで一時は「おお!」と喜んだのですが、この毛糸もシーズンものでそのシーズンが終わったら廃盤になってしまい作れなくなってしまいました。
 テディベアー作家さんと知り合いになった時に、フェークファーの色が無い事を嘆いたら、「モヘアを染めてみたら?」とアドバイスされました。ベアではモヘアをいちごやコーヒーで染めるなども良くあるテクニックなんだそうで、いちごで染めるという事に感動(何だかかわいい)しました。しかし染める時の温湿度によって染まる色が違ってくるので、全く同じ色で染めるのは難しいとの事。それでもむむーんと悩んでしまいますが、モヘアってめちゃくちゃ高いんですよね・・・・。でもアルパカ製などは手触りも良く、おもわずぎゅっと抱き締めたくなるぬいぐるみになりますよね。そんなこんなでモヘアを染める案もちょっと悩み中。
ぱっちぬい歴史

2000年に入って90年代のぬいぐるみをちょっとリアルにしたタイプを作ろう!と素材ではなく、形に変化をつけてみました。2002年に販売を始めたリアルオカメインコは冠羽も一枚一枚アートフラワーの手法で作ってあります。足も足っぽくなりました。これは母が作っていますが私はリアルなだけでは何か物足らなくて、2003年に作っていたパッチワークのマスコットをぬいぐるみにしてみる事にしました。2004年にコザクラインコのパッチワークのぬいぐるみ完成。くるみボタンやヨーヨー、刺繍などで飾ったぬいぐるみにしてみました。現在もこのタイプでぬいぐるみを作っています。特に羊毛でもそうですが、羽を広げているタイプが作っていて楽しくて、最近はほとんど羽広げタイプです。風切り羽一枚一枚作っているのが細かくて好きです。これはフェークファーのようにふわふわした感じは無いですが、布の柄や飾り方によって色々なイメージにできるのが気に入ってます。でも母やkaoriはフェークファーかモヘアのぬいぐるみをいつか作りたい!と言っていますが・・・・布が手に入るのかが一番の問題です。今後に期待?してみて下さい。
saori * SAORIの手作り日記 * 16:05 * - * - * - -

●新作ぬいぐるみ

パッチぬいぐるみ
新作というより、すごく久しぶりにパッチワークぬいぐるみを作ってみました。今回はチョーカーをしていたりおしゃれさんです。
白オカメは去年作ったでかぐるみと同じようなコットンを使って薔薇のイメージです。セキセイは カントリー調のUSAコットンを使ってポップな感じ(のつもり)四葉のクローバーで男の子っぽくしたのだけど、花をでかく作りすぎてKAORIに「花に見えん!」と言われてしまいました。気に入っているのはくるみボタンで作ったテントウ虫なんですラッキー
saori * SAORIの手作り日記 * 15:58 * - * - * - -

ティータイム

ティータイム


ホットコーヒーお茶関係の雑貨って好きです
なので私もよく作ってしまいます
ミニチュアのティーセットで無地のものを以前に見つけていたのですが
それがぽーずインコにぴったりだったのでティータイムができるようなセットを作りました

ポットマットとポットホルダーをインコにしてみました
人間サイズでこんなのあってもいいかな?
ティーカップとティーポットは絵を描いて焼きつける予定...
鳥祭りに間に合うのか?たらーっ
*パンは piyopiyoblandの京さんからいただいたもので〜す。ありがとうございました〜
kaori * KAORIの手作り日記 * 15:19 * - * - * - -
このページの先頭へ