最近の病鳥たち

すみれネムネム下にみるきーが出ておりますが、その他の子の報告を…
←すみれさん。最近痙攣が増え直接投与の抗痙攣剤では効力が薄いようで飲水の方の薬に変えて2週間投与したけど、まーだちょっと痙攣が多いような…。という感じでどうもいやーな感じもあるので、先生とも話しあって4週間飲水の方で投与する事になりました。
抗痙攣剤は副作用でぼーっとして元気が無く、エサも食べなくなってしまう事があるそうですが、すみれの場合は逆に元気?というかはしゃぐ感じになってエサも大食いし、体重も増えるので、抗痙攣剤を与えた方が元気になります。でもずっと投与すると効力無くなるし強い薬なのでずっとというわけにはいきません。今回は年末年始に向け病院が休診の時に体調が悪化しないように早めに対処という事で長く投与する事にしました。
で、今回最初の5日くらいずーっと「ぼー」としているようになって心配したのですが、食欲だけはモリモリ。で、その後はしゃぎモードになって今に至ってます。モグモグ
画像はそんな5日間のすみれさん。この時ケージに手を入れてもかみつかなかったのにびっくりびっくり!今はがぶッ子に戻ってます。目があまり見えないので手が怖いからしょうがないんだけどねぇ
↓下はつくしさん
つくしもぜんぜんごはん食べなくて3週間ほど強制給餌をしていましたが
やっと薬が効いて自分で食べ出しました
1gづつ増えていって、今では満腹時で47gに!39gまで落ちちゃったのですごい回復です。
このまま良くなってくれればいいなぁ
内臓疾患って薬が効くまで時間がかかるんだなぁと痛感
だからこそ早期発見しないといけないのだけど、つくしの場合あまり変化がなく、
ちょっと体重落ちた?と思って病院に連れていくと、もう食欲無くなってどかーんと体重が落ちる。今回も膵臓、肝臓が悪かったもよう。今回のが治っても、また1gでも体重落ちたら予防として病院に行って強肝剤でも投与してもらえないか聞いてみようかなぁ
つくし回復!
saori * インコ達 * 02:35 * - * - * - -

つくし再診

昨日はピコラの最終日でした。
オープン早々に多くの人に来ていただきとてもありがたい気持ちでいっぱいでした。でもぬいぐるみ、あみぐるみ系は1日目の方が多かったので申し訳ない気持ちです。
もうちょっと多く作れるように日々がんばらねばなりませんねショック今後の課題です

さて本日はピコラの疲れも引きずりつつ、つくし@ダークシーグリーンコザクラの再診に行ってきてヘロヘロです困惑
つくしは投薬して1週間ほどなので、いまいち効果がわかりませんでした
のでとりあえず今までの薬を続行。でも少しは食欲が出てきたかな?
しかーし未だに無理矢理の強制給餌をしています
そのかわり みるきー@モーブコザクラと すみれ@ホワイトフェースバイオレットコザクラがちょっと調子上がりぎみになってきました
年末もちょっとイベント三昧になりそうなので、インコたち!みんな健康になってほしい!
saori * インコ達 * 23:48 * - * - * - -

だだちゃん出て来て!

だだちゃ@ホワイトフェースコザクラ は雛の時育雛放棄され栄養失調状態になったため、病院でも骨格が小さいから「大きくなっても45gくらいしかならないかも。」と言われていました。
ところが、だだちゃは饑餓を味わったためか何でも食べる食いしん坊。だいたい10gはエサを食べます。そのためチビデブ化。(ひえーーーーーー)
通常で48g、まぁまだ脂肪が無いから許せるかな?と思って油断するとすぐに発情して卵の準備をしてしまい50gを軽く超える。産卵する時は54gくらいになる。
先日なんと初めて56gを記録。また卵か?と思ってオカメ部屋に流刑にして発情抑制してみる。
たぷたぷしてたお腹も大分引っ込んで、骨盤も閉じてきたので発情は治まりつつある。
でも体重が・・・・今まで発情が治まれば50gには戻ったのに、今回どーーーーしても54gを下回らない。
「・・・・・デブったのか」これは発情抑制だけでは体重が元にもどりそうにもありません。
エサを低脂肪のペレットメインにしてみても変わらず。食いしん坊なだだちゃは低脂肪ペレットもおいしくいただけてしまうのね。
もうこれは食餌量制限するしかないのね・・・・と1日量の最低量のペレット5g+シード少量。ボレー粉、野菜食べ放題にして2日。やっと体重が52gまで落ちました。
だだとエサのビンそんなだだちゃは朝には腹ペコさんになってます。こんな状態なのに今日kaoriがシードのビンをだだちゃに見せたものだから、ビンの中に入ってしまい出て来なくなってしまいました。何とか脅かして出てもらいましたが、けっこうタラ腹シードを召し上がったようでございます
だだちゃのダイエットの日々はまだまだつづきます
saori * インコ達 * 15:40 * - * - * - -
このページの先頭へ