すみればっかりですが...

カキカキすみれ最近、すみれちゃんネタばかりのブログになっていますねたらーっ
すみれちゃんは、飛ばしてはいけないので(壁にぶつかってしまい危険なので)
部屋には出せません。
たまには出して、お散歩させないとかわいそうかな〜と思いまして、ちょっと出してみました。でも手の中限定でしたけど.....
カキカキしてあげたら
御満悦なすみれちゃんでした
去年どこかの通販で折りたたみガサみたいな小さめな蚊帳があったのだけど、あれがいいかもしれない!あの中なら飛べないし、壁にぶつかる心配もなさそう!
ちょっとほしいな〜.....と、思ったりして

kaori * インコ達 * 00:39 * - * - * - -

すみれ載りましたの

anifa前回のものが好評だったため、アニファのムック本「インコ」が改定されて発売されました。祝
内容はほぼ前回の通りという感じですが、病気の所などはもっと充実して改定されてます。(病気の所はタッチしてませんが)
飼育のところも最近の状況に合わせてちょっと手直ししてあります

インコの写真もけっこう新規で撮ってあります。
セキセイとオカメの写真が充実したかも。
ラブバはコザクラがもともと充実してたので、新しく入って来た品種が追加された感じです。
ただボタンが少なめになってしまいました悲しい
現在の日本ではボタンが雑種化されてて、純血種を撮影するのが大変だったみたいです。時間をかけてそういった個体を探して撮影できればいいのですが
発売日などの関係上そうもいかず・・・。
ラブバ好きとしてはちょっと残念ですノーノー

さて、今回もすみれちゃんが載ってましたおはな
以前すみれの巣引きの状況を撮影してもらってたのでソレです。
すみれが1才にならない時のだから随分昔ですね〜
写真を見るとけっこうピッチピチに見えます<やっぱり若かったのね〜おはな
ヒナたちも手前が我が家にいるみるきーで、一番奥が里子に出たつみれちゃん。右でちょんぎれてるのが我が家の長男べべっち(ベガ)かな〜?
やっぱり本に自分の子が載るとうれしいですねニコニコ
他にも知り合いのお子ちゃま達が載ってるので楽しい1冊です

そういえば誠文堂新光社発行の「ザ・ラブバード」も好評で3月に増刷されてました
自分達がタッチした本が好評と聞くとうれしいものです
本を買ってくださった方ありがとうございます

そうそうムック本「コンパニオンバード」3号も出だし好調だそうで
4号が11月ごろに発行する予定になったそうです
どんな内容になるかは未定ですが4号でも参加させていただく予定です
みなさんが面白く読めるようにがんばって無い知恵絞り出してみます
saori * インコ達 * 15:02 * - * - * - -

すみれちゃん

昨日はすみれちゃんの通院日でした病院
ここのところ安定した容態で痙攣もなく元気なすみれちゃんです。
抗痙攣剤が切れても痙攣を起こさなかったので体調はすごくいいのではないかな?

前回、片目が見えていないかもしれないという事でこの2週間いろいろ反応を観察してみたのですが、まったく見えていないわけではなさそうなのですが...反応が悪い。
先生といろいろ話して、今迄の事などから(痙攣が起こるとか)脳とか神経の方がおかしいということが濃厚なのかな?という事になりました。
そうなると、もう治療はお手上げです。
「今後どんな治療を受けていきたいのか考えてください」と言われました
病気の完治はもう無理だと思います。なので抗生剤はやめ、アガリスクなどで自然治癒力を高め少しでも体調を良くしていってあげたいかなと思います。
それでまた痙攣が起きるようになったら、
抗痙攣剤や抗生剤を考えるという対処療法を考えてています。

びっくりしたりすると、それがきっかけで痙攣を起こしてしまうので、カゴの中で安静に暮らしていけるようにしなくてはいけません
放鳥も着地ができず、悩んでいるうちに壁にベコベコぶつかってしまうのでできません。
でも、たまには外で遊ばせてあげたいな..と思うので布で区切ったところで出してみるか?といろいろ実験中です。
先生には「羽を切ってしまう事も手。だけれでも、それでも本人は飛べると思っているから飛んでしまった時に飛べなくて怪我をする事もあるから注意して!」と言われているのでどうしようかと考えています。
掃除の時に何週間かに1回は脱走されてしまう事もあって焦って上に飛んでいく前に捕まえているので、羽切った方がいいかもしれないし、もし羽を切ってる時にショックで痙攣が起きたら!とかいろいろ考えてしまってます。脱走されないようにも注意することが一番なんですけどね。
kaori * インコ達 * 18:06 * - * - * - -
このページの先頭へ