神様は.....

どうして難病のコ達ばかりつづくのでしょう....
自分達の飼い方に問題があるのでしょうか?
でもがんばっているつもりなんですけど、がんばりが足りないのでしょうか?ポロリ

ちょっと前向きに考えてみる

****この世には病気をもって生まれてくる鳥たちはいっぱいいる
でも神様はそんなコでも幸せに生きられる様に
良い飼い主さん、がんばり屋の飼い主さんを選んでくれる******

私達はラッキーな事に鳥の病院に近い方でなんとか通う事ができます
日々、鳥の飼育を勉強しようとがんばっていたりします
だからですか?
神様...私達は選ばれたのでしょうか?
でも、こうも病気のコばかりがつづくのは辛すぎるんですけど....

神様「そうだね。でも、君たちはがんばり屋さんだからね
   それに、御褒美としてみーちゃんはベタベタな手乗りになるように
   しといたから!嬉しい

そっか〜....
みーちゃんは1羽飼いだったっけ?と思う程ベタベタなコ
とくに強制給餌をするようになってから本当にかわいい!ベタベタさん
こんなかわいい姿を見られるのはほんと御褒美だわ!プレゼント
 はい...がんばります!

病院の帰り2人でこんな話しをしながら笑いながら帰ってきました花

kaori * インコ達 * 02:25 * - * - * - -

どうして....

今日(というかもう日付けが変わったので、昨日ですね)、みーちゃんの体調があまりよくないので病院に行ってきました病院
嘔吐動作が減ったように思えていましたけど、それには理由があって
自分でごはんを食べていなかったからでした
だから強制給餌するとすぐにほとんどを吐いてしまいます
体重は41g ぜんぜん増えません

先生といろいろお話して、普通の吐き気止めではもう効かないので、対症療法として
筋肉を緩める薬を投与して、とにかく吐く時に動く筋肉を緩めてしまう事にしました
これで吐き気がおさまればいいのですけど.....

その後、先生に強制給餌していただきましたけどやっぱりすぐに吐いてしまう。
このお薬は1日数回にわけて6滴までが上限なので
様子をみつつもうちょっと量を増やしていかないとだめなようです

吐いてしまったので、水分やエネルギーを補給できるように栄養の注射を打つ事にしました
注射といっても血液検査のような血管にうつのではなくて
皮下注射なので危険はぐんと低い注射です
これでちょっと元気がでて餌を食べてくれるコもいるそうで....
みーちゃんもちょっと餌をごそごそしてました<でも食べていなかったかな〜

その後以前から気になっていたお腹の影が、今はどうなっているのか気になって
またレントゲンをとっていただきました
先生はあまり変わっていないけどちょっとドーム型になってきたという説明でしたが
私には1回目と比べると一回り大きくなっているように思えました

みーちゃんの症状は腺胃と筋胃の間あたりに腫瘤があって
これが圧迫して吐き気があるという事です
先生に「きびいしい状況ですよ」と言われました
バリュウム検査をしたわけではないのでこの腫瘤がどんなものかわからないのですが
悪性の腫瘍ならやはり治療は難しいし、もし良性の腫瘍や何かがつまっている状態なら
腸を切ってしまえばいいわけなんですけど
小型の鳥で腸の手術の成功率は低いそうです
それに、今のみーちゃんの体調では手術には耐えられないでしょう
なのでどっちにしても...やはり厳しいですね

どうして....どうして こうもたてつづけに難しい病気ばかりつづくのでしょう
kaori * インコ達 * 00:41 * - * - * - -

今日だけは.....

今日は鳥の病院でした病院
先週は9時に行って2時頃の予約がとれたので同じ時間に行きましたが
なんと4時の最後でしたノーノー

実は先週からみ〜ちゃんの嘔吐がちょっとひどくなってしまったのですが、
金曜日には嘔吐動作もなくごはんも自分で食べて46gとなり一安心していたのですけど
土曜日の朝、起こしたら嘔吐のあとが....
体重も44gにおちてました
おかゆをあげてもすべて吐いてしまって体重をあげる事もできず
43gまで落ちてしまいました
吐くものがなくても吐き気があるらしく嘔吐動作があります
見ていてかわいそうです
こんな状況で病院に駆け込んだのでちょっと弱気でした
続きを読む >>
kaori * インコ達 * 00:13 * - * - * - -
このページの先頭へ