みんなで....


ちろりんの状況ですが.....
また体重が落ちてしまいまして、やはり強制給餌をするしかなく...
ここで考えました。
「みんなでちろを応援!見守って強制給餌をやろう!」
という事で母とぐりを呼んでの強制給餌となりました。

普段仲がよいわけではないぐりとちろですが、やっぱり見慣れた顔が見られる事は安心するらしく顔が柔らかくなってました。
そして母もいた事で緊張もなかったようで
痙攣を起こす事なく 無事、強制給餌を終える事ができました
今後この方法でがんばっていきます!
kaori * インコ達 * 16:37 * - * - * - -

バタバタの通院

てんとうバッグアップ本日はつくしの再診日でした。つくしは強制給餌が今だ切れない状態ですが、先週より吐気が軽くなり体重も1gだけですが上がり、少しだけ回復の兆しも見えて久しぶりに精神的に楽な通院だったハズでした。
が、今日はちろりん@白オカメも連れていきました。
実は一昨日母にちろのウンピが黄色いと言われて見た所、2個だけ黄色かったので、体重を聞いたら、この所量っていないと言うので量ってもらうと今までで一番低い。
ちろりんは元々太っていたので(100gオーバーしてた)理想体重の90gになるようエサの改善をするように言ってあって、8月には95gくらいまでには落ちていたらしい。
今は85g。1週間ほど前から換羽が始まったので体重が5gほど落ちても許容範囲なのだが、問題は元の体重が95gか90gかどちらかなのか。という事。
90gから85gに落ちたのならいいけれど、95gから落ちたとなればちょっと問題。
保温して好きなもの食べ放題にしてエサの食い付きなど調べてもらうと、あまりエサを食べないとの事。…これは換羽のせいじゃなく、たぶん元は95gあり、どこか悪いんだと直感。昨日は母の部屋から引き取って私達のインコの病棟へ連れて様子を見る。やはり食べないし、エサが入っていて85gとなり体重が落ちて来たので強制給餌をしてとにかく90gまで戻す。が、深夜から痙攣発作が出始める。最初はビックリしてオカメパニック起こしたのかと思ったのだけど、どうも様子がおかしい。
ので、今日ちろりんも病院に連れて行く事になりました。
つくしは強制給餌があるので置いていって、ちろりんだけ連れて順番取りに向かう。病院で順番を取り、kaoriに診察時間を報告して、診察時間までどこで時間つぶそうかと考えていた時にちろりんがまた痙攣を起こす。もう昨日の深夜からたて続けに7回も起きているので、同じように痙攣が何度も襲ってそのまま落ちてしまったべべっちの事とか頭をよぎって私はパニックに!
だってそこは病院の外のベンチ!急いで電話を切って、朝開いている病院の外待ち合い室に入り、キャリーの中のバタつくちろりんをおさえつつ痙攣がおさまるのを待つ。もう心臓バクバクでした。<泣
そのため診察時間まで病院のインキュベーターでちろりんを預かってもらう事にしてもらいました。診察時間までは痙攣はおきなかったようですけど、診察しようと先生が触ったとたんにまた痙攣。
本当は内臓が悪いだろうと予想がつくので血液検査を考えていたのだけど、朝の痙攣もあって断念。ソノウ検査もできませんでした。一応肥満傾向にあった事と多少糞が黄色い(先生的にはまだ許容範囲らしい)ことなどから肝臓が悪いと考えられ、痙攣も肝性脳症じゃないか。という事になってそれなりの対症療法の薬を出してもらいました。
で、体重が落ちてきてるので、とにかく強制給餌して体重上げて、血液検査できるまで回復させようと思って帰宅したわけですが、キャリーからケージに入れようとした時にまた痙攣起こしてしまうし、その後暫くして強制給餌しようとケージから出した時も痙攣を起こし、その後やっと落ち着いた所を見て強制給餌をしていたら、その最中に痙攣を起こされ、この時は誤嚥して落鳥してしまうかと涙目になりそうでしたが、何とか回復。でもこれで強制給餌ができなくなってしまいました。
今は触っただけで痙攣を起こしてしまうので、体重が落ちてもどうする事もできません。
一応抗痙攣剤をもらってきているけど、これも直接投与の薬なので誤嚥させてしまういそうで恐くて今はあげられません。
今日はちろりんも疲れているからなのかもしれないので、明日までそっとしておいて
明日少しだけでも強制給餌できないかやってみるしかないかな…。ああ。火曜日まで病院休みだし、不安な週末です。
saori * インコ達 * 22:40 * - * - * - -

だだだっすいふたたび

全部ひらがなだと読みづらいタイトル(笑)
***「だだ」脱水 再び***
薬水に慣れるためにすこし強制給水を減らし
なんとか自分で飲んでくれるようにしむけてきましたが
なかなか飲んでくれないだだ。
一時期、薬につけた青菜作戦で薬水に慣れていってくれそうだったのに
結局また飲まなくなってしまいました
また脱水ぎみになってしまったりとなかなか頑固ものです。
そんな話を先生として出た結論...。
「強制給水を続けていく」
だだは、腎臓が悪いので普段でもすこし多めに水分を摂取した方がいいらしく
のどがかわいて自ら薬水を飲むようにしむけていく期間が
あまり長いと腎臓に負担かかってしまうというわけで
強制給水をつづけるしかないと...
ま...長い目で自ら薬水を飲んでくれるようになってくれる事を
見守っていきますよ...

つくしの方も相変わらず強制給餌生活。
体重をなんとか保つのがやっとです。
昨日は先生に栄養の注射をしてもらったのでやはり少し体重がアップしてました。
毎日かよって栄養の注射した方がいいのだろうな....。
....人間の方が具合わるくなりそうです(泣)
kaori * インコ達 * 21:24 * - * - * - -
このページの先頭へ