ウロコのポーチ

他のも作業進めたり、他の事でなかなか完成させられてなかったのだけど、バイオレットチェリーに続きウロコのポーチも、持ち手などのパーツも付けて完成しました。

こちらのウロコはアオシンジュ。バイオレットチェリーもそうですが、私はイメージ先行で作品を作るので、実際の羽色とちょっと違う所もあると思いますが、私のアオシンジュはこんなイメージです。

バイオレットもそうですが、実物感を出そうとすると、思っているより暗く、緑っぽい色になってしまうので、ここは綺麗なバイオレットにしたいな。という願望が出ております。

アオシンジュも実際はもっと明るい緑なんですけど、ホオミドリより青味がある分、全体的にシーグリーンっぽい緑にしたいわけです。

元々の作風がリアルを追求していないので、こういった色に関してもリアルでは無いのですが、そういった所で自分らしさがあるのかなと思ってます。

ウロコを作っている途中に、バイオレットチェリーの方も視線と足が気になって、少し手をくわえました。

目の星を前にしたのですが、こちらの方がまっすぐ見返してくる感じがしていい感じになったかと。視線って大事。

そういえば、いつもは横目線の作品ばかり作っていたので、こうやって前をまっすぐ見ているのはあまり作ってなかったかも。今まで漠然と作っていたけど、今後は視線まで気にして制作しようと思ったしだいです。

saori * SAORIの手作り日記 * 15:58 * - * - * - -

ウロコその後

いちごでデコレーションしたウロコは完成しているのだけど、まだちゃんとした商品撮影をしていません。

天気が悪かったので撮影見合わせているうちに面倒くさく…、他の作品完成してからまとめて撮影しようという事にして、とりあえずバックシャンなんですよという画像を↓


本当はもっと真後ろの方が羊毛刺繍した感じがわかるのですが、それだとウロコインコだというのがわからなくなってしまうので、この角度。

もっと大きな作品にして羊毛刺繍をいっぱいしたインコも制作してみたいと思っているのですが、そうなるとインコ本体がかなり大きくなってしまって凄く大変なので思案中です。

この他ウロコ作品としてウェット羊毛のポーチでもウロコ作ってます。


まだパンジーを仮止めしてる状態のものですが、いちご羊毛刺繍の方がイワウロコなので、こちらはアオシンジュにしてみました。

バイオレットチェリーのようにパンジーてんこもりにつけると、せっかくがんばったウロコ模様が隠れてしまうので、バイオレットチェリーより花少なめにする予定です。

このウェット羊毛ポーチはいくつか鳥種作ってからまとめて納品する予定です。

 

TWITTERまとめ====================

ブログアップしていない記事をまとめてみました。

saori * SAORIの手作り日記 * 22:33 * - * - * - -

ニギコロの羊毛ポーチ

羊毛の在庫が凄い事になってるので、こえを減らすために羊毛でポーチを作る事にしました。

どうせ作るならニギコロポーズがいいなぁ〜と

ポーチ自体をインコの形にしようと考えたのですが、これ型から起こさないといけないので型紙作るより面倒臭い!でもやろう!!って事で型から制作してみました。

↓型作っておおまかに羊毛をウェットでゴシゴシしたところ。


だいたいこんな感じで良いかな?って事で型はこれで決定!

これで何種類かポーチを作る事にしました。

↓ニギコロポーズには今回は季節もあるのでスミレの花をたくさんつけようかと。

いつもは楽な編み物にするけど、色が限られてしまうのでこちらもウェット羊毛で作る事に。


スミレの花を仮止めしてみた所↑

スミレの花をウエットで作るの地味に大変でした(^^;

 

そして完成第一号はバイオレットチェリーのポーチです。

きーしゃとビオラで記念撮影してみました。


↑どうせならビオラもいっしょにニギコロしてくれないかなぁとチャレンジしてみたらやってくれた。

今まできーしゃと2羽じゃないとニギコロしてくれなかったのに、ここでまた成長してるなぁとしみじみ。

ただしじっとしていられないので、なかなか良い写真は撮れませんけど、これは奇跡の1枚ですw


ビオラはポーチを怖がらないのだけど、なぜか今回きーしゃが怖がって撮影に協力的ではありませんでした。

何とか撮れたこちらも、きーしゃ何か変な顔してるし…(^^;


サイズがわかるかな?とビオラをポーチの中に誘導してみましたが、まあ、だいたいコザクラ1羽分の容量入りそうです。

ビオラは最近軽く発情してるので、このポーチの中がすっかり気に入ってしまってもぐり込もうとするので、早々に退去していただきました。

saori * SAORIの手作り日記 * 19:57 * - * - * - -
このページの先頭へ