●ぬいぐるみの歴史

歴史シリーズ?第二段!?
前回フエルトの歴史などを載せたら、友人達に好評なので調子にのってぬいぐるみ編!
ぬいぐるみ歴史

最初はぬいぐるみは製作が母の担当でした。KAORIとSAORIでああだこうだと口出しして何とか作ってもらったのです。試作は真っ白なフェークファーで作って型紙起こしをしたのですが、いざ製作となった時にぶちあたった問題が・・・・。インコを作るためのフェークファーの色が無いのです。ダイロンで白のフェークファーを染めて作ってもみましたが、化学繊維のフェークファーはうっすらとしか染まりませんでした。しかも熱湯につけながらなので母が手を火傷しながらの作業になるは、繊維が熱で変形するはで販売できる物は作れません。そこで色が豊富で、しかもフェークファーに少しでも近付けるように起毛した布で作る事にしました。コザクラインコやセキセイインコは起毛したタオル地を使い92年から販売しました。オカメインコはしっとりした羽の風合いを出すため、べっちんを使用。こちらは95年から販売をしました。これらはあおば出版発行の「インコと遊ぼう2」に掲載されました。
 90年代後半にコザクラインコにできそうなフェークファーを発見し、それで作ったのですが、このフェークファーも販売中止だとかで少ししか入手できず、実際に販売はできませんでした。この頃はフェークファーの需要ってあまりなかったのでしょうか・・・・。今探せば良いものが見つかるかもしれませんが、地方のうちではなかなか良い色って入荷しないんですよね。起毛布でぬいぐるみを作っていても、いつかはフェークファーのもので販売できたらと思ってはいるのですがなかなか難しく、2001年にkaoriがふわふわの毛糸でフェークファーのぬいぐるみに見えるあみぐるみを作りました。これで一時は「おお!」と喜んだのですが、この毛糸もシーズンものでそのシーズンが終わったら廃盤になってしまい作れなくなってしまいました。
 テディベアー作家さんと知り合いになった時に、フェークファーの色が無い事を嘆いたら、「モヘアを染めてみたら?」とアドバイスされました。ベアではモヘアをいちごやコーヒーで染めるなども良くあるテクニックなんだそうで、いちごで染めるという事に感動(何だかかわいい)しました。しかし染める時の温湿度によって染まる色が違ってくるので、全く同じ色で染めるのは難しいとの事。それでもむむーんと悩んでしまいますが、モヘアってめちゃくちゃ高いんですよね・・・・。でもアルパカ製などは手触りも良く、おもわずぎゅっと抱き締めたくなるぬいぐるみになりますよね。そんなこんなでモヘアを染める案もちょっと悩み中。
ぱっちぬい歴史

2000年に入って90年代のぬいぐるみをちょっとリアルにしたタイプを作ろう!と素材ではなく、形に変化をつけてみました。2002年に販売を始めたリアルオカメインコは冠羽も一枚一枚アートフラワーの手法で作ってあります。足も足っぽくなりました。これは母が作っていますが私はリアルなだけでは何か物足らなくて、2003年に作っていたパッチワークのマスコットをぬいぐるみにしてみる事にしました。2004年にコザクラインコのパッチワークのぬいぐるみ完成。くるみボタンやヨーヨー、刺繍などで飾ったぬいぐるみにしてみました。現在もこのタイプでぬいぐるみを作っています。特に羊毛でもそうですが、羽を広げているタイプが作っていて楽しくて、最近はほとんど羽広げタイプです。風切り羽一枚一枚作っているのが細かくて好きです。これはフェークファーのようにふわふわした感じは無いですが、布の柄や飾り方によって色々なイメージにできるのが気に入ってます。でも母やkaoriはフェークファーかモヘアのぬいぐるみをいつか作りたい!と言っていますが・・・・布が手に入るのかが一番の問題です。今後に期待?してみて下さい。
saori * SAORIの手作り日記 * 16:05 * - * - * - -

●新作ぬいぐるみ

パッチぬいぐるみ
新作というより、すごく久しぶりにパッチワークぬいぐるみを作ってみました。今回はチョーカーをしていたりおしゃれさんです。
白オカメは去年作ったでかぐるみと同じようなコットンを使って薔薇のイメージです。セキセイは カントリー調のUSAコットンを使ってポップな感じ(のつもり)四葉のクローバーで男の子っぽくしたのだけど、花をでかく作りすぎてKAORIに「花に見えん!」と言われてしまいました。気に入っているのはくるみボタンで作ったテントウ虫なんですラッキー
saori * SAORIの手作り日記 * 15:58 * - * - * - -

ティータイム

ティータイム


ホットコーヒーお茶関係の雑貨って好きです
なので私もよく作ってしまいます
ミニチュアのティーセットで無地のものを以前に見つけていたのですが
それがぽーずインコにぴったりだったのでティータイムができるようなセットを作りました

ポットマットとポットホルダーをインコにしてみました
人間サイズでこんなのあってもいいかな?
ティーカップとティーポットは絵を描いて焼きつける予定...
鳥祭りに間に合うのか?たらーっ
*パンは piyopiyoblandの京さんからいただいたもので〜す。ありがとうございました〜
kaori * KAORIの手作り日記 * 15:19 * - * - * - -

心臓バクバクの日

昨日は病院に行っていました
本当は、たろちゃんとべっちゃん(べが)の通院の日だったのですが
朝の6:30にすみれが大きな痙攣を起こしたのですみれも一緒につれていきました
2羽までしか診ていただけないのですが、抗生剤を飲んでいないべっちゃんは薬が切れてしまっても大丈夫なら、すみれを診てもらおう!と思ったからです

病院は連休前という事もあって混んでいました
それでもなんとか午前の最後をとれて診ていただけました(9時前に行ったのですけが...)
やはりべっちゃんは薬が2.3日切れても大丈夫との事なので来週火曜日にでも診ていただく事になりました
で、すみれなんですが・・・血液検査の結果がでていまして、白血球数は高いままをキープしていて下がっていませんでした
白血球数が高いという事はどこかに炎症が起きているという事です
レントゲン、バリュウム検査、血液検査からでもどこに炎症が起きているのかわかりません
鳥の検査にはまだまだ調べられない箇所があり、なかなか難しいみたいですね
残った検査としてアスペルギルス、マイコプラズマの検査をしてみる事にしました
これでひっかかるのも恐いけど、原因がわかる方がありがたいという気持ちになります
すみれちゃんはここの所、調子がよかったので抗生剤を抜いていたのですが
この白血球数はゆるせない!(上限は8千くらいの所、すみれは2万以上あるんです)とまた飲むことになりました

実は、たろちゃんも深夜に軽い痙攣を起こしていました。順番を待っている時も
あれ??痙攣起こしそう???痙攣なの???という事もあったので
昨日はなんだか心臓バクバクでした
絵とすみれ


『エリックさんのモモイロインコの絵の前で・・・』
**痙攣が起きたわりに元気なすみれです**
kaori * インコ達 * 15:01 * - * - * - -

あみぐるみ用の小物製作

プチバック
たわらインコちゃん(あみぐるみ)用のバックをつくりました。
ミニチュアものが好き&バックが好きな私には作っていて楽しいものの一つです


今度はどんなデザインにしようかな〜と考えるのも楽しいものです

バックの他にはマットに使えるようなコースターのようなものとか
クッションとか作ってます
いちごのマット


苺の花をイメージしたマットは苺のっけインコのマットにできるかな〜?
と作ったのですけど、なんとなくお蔵入りしてます。 出番待ち。

と、小物ばっかり作っている日々です
kaori * KAORIの手作り日記 * 00:40 * - * - * - -
このページの先頭へ