カップケーキをアイシング

昨日作ったカップケーキをごく簡単にアイシングにして桜文鳥とボタンインコにしてみました。


カップケーキは中心が盛り上がってアイシングしにくいので、盛り上がらないようなテクニックを使ってみあしたが、結局盛り上がってしまい、アイシングが流れてやりにくいったら(^^;;;;

ムラサキイモのは色が色なので鳥にはしませんでした。本当だったらビオラカラーのバイオレットチェリーにしたかったんですが、それは次回という事で!(^^;


本日のおやつには、この鳥の顔カップケーキをトッピングにしたスモアを作りました。

マシュマロの下にグラノーラと、色が変色したムラサキイモの方のカップケーキをカットしていれてあります。

グラノーラにはチョコソースをかけて、マシュマロにはココアパウダーをかけましたが、顔カップケーキが大きくてチョコかかってるか見えませんよね(^▽^;)

ちょっとマシュマロを焼き過ぎて溶けすぎて容器にくっついたのが食べにくかったですが、寒い季節にはこういった焼いたお菓子がおいしく感じますね。


アイシングは全く慣れていないし、今回は顔のパーツ部分だけなので、そんなに力を入れずにやろうと思ったのですが、なかなか難しかったです(^^;

特にカップケーキが中心膨らんでて平じゃないのが難しさ倍増した原因かと。

まだまだアイシングの硬さ調整に慣れてないのでこのへんが大変でした。

今度はクッキーで挑戦してみようと思いました(^^;;

saori * 小鳥カフェ * 17:24 * - * - * - -

残ったチーズケーキで

昨日のおやつにしたチーズケーキが余ってたので

こちらを使って本日のおやつを作りました。


夏、というか秋に猛烈に暑かったので豆乳を凍らせてアイスにするというのをやろうと好きなチョコミント味を購入していました。が、買ったとたん涼しくなるし冷凍庫パンパンでアイス作る余裕が無くそのまま放置しているうち、寒くなってアイスを作ろうと思わなくなってしまい、そろそろ賞味期限やばいのでは?と思うので、このチョコミント豆乳をゼリーにして、半端なチーズケーキを足して人数分のスイーツにしました。


ここに本文を記入してください。チョコソースがけのコーンフレークとチョコミントゼリーをミルフィール状に重ね、一番上にカットしたチーズケーキを乗せ、ブラックココアと粉糖でデコレーション。

チーズケーキをクッキー型で小鳥型に抜いて、抹茶パウダーと苺パウダーでコザクラインコ風にしてみたのですが、コキンチョウっぽくなったような?(^^;

抹茶味のリーフチョコレートを翼のようにそえてみました。

チョコミントはあまり得意じゃない家族もいたため、チョコソースやカカオパウダー増量でチョコ味が強いものになりましたが、ちょいミント風味のするスイーツになりました。

チーズケーキとチョコが好きなので、いつもはそれぞれの味を楽しみますが、チーズケーキとチョコって合うな。

saori * 小鳥カフェ * 17:13 * - * - * - -

パーティーの裏側

昨日のビオラ誕生会とハロウィンパーティーの裏側です。

今回はビオラの誕生日を忘れていたという所から、ハロウィンパーティーに力を入れてみました。

 

●クッキーを作る●


まず作ったのがインコ用のおばけカボチャクッキー。

ちょうど人間用におばけカボチャのクッキー型やカボチャパウダーなどを購入した所だったので、ビオラの誕生日用のクッキーもこの型を使いました。

羊毛フェルトの飾り達も作りました。

【インコ用ハロウィンクッキーの材料(ザックリ)】

・ズプリームプレーンペレット・かぼちゃパウダー・小麦粉・白ごま・ニンジン

*ざっくりした作り方*

・ズプリーム、白ゴマはすって粉にしておく

・ニンジンをおろし金ですりおろしておく

・だいたいズプリーム4:かぼちゃパウダー2:小麦粉2:白ごま1の割合で混ぜておく

・すりおろしニンジンをだいたい小さじ1/2程、混ぜた粉類に混ぜてこねる。水分が足らなかったら水を入れて調整する。

・ボロボロくずれずまとまったら麺棒で生地を伸ばしてクッキー型で抜く。

※生地がくっつきにくくするのに小麦粉で少量ふるっておく

・クッキーを焼くのは、オーブンの場合180℃で余熱して焼きは160℃に下げる。約3分〜5分焼いて焼き具合を確認する。

 オーブントースターはなるべく低い温度で設定し、同じく3〜5分で焼き具合を確認して焼く。

 ※表面固くなったらOK。少しやわらかくても粗熱を取ると固くなります。いつまでも柔らかかったら再度焼く。こげに注意。


【インコクッキー制作のポイント】

・水分は野菜から。今回はニンジンを使いましたが他の野菜でも可

・カボチャパウダーがなければマッシュカボチャでも可。その場合焼き上がりが柔らかいソフトクッキーかパウンドケーキのようになります。

・バターを入れないかわりにゴマの油分で生地をまとめるので、ゴマは必ずすりつぶして。すりゴマより使う直前にすり潰した方が良い。

・砂糖を入れないかわりにカボチャで甘みを出しているので、できれば多めに入れます。ダイエット中の子は少なめに。カボチャのかわりにサツマイモなども代用できます。

※今回ハロウィンなので、オレンジ色にできないかとカボチャパウダーを使用しましたがちょっと黄色になるくらいでした。

後で気がつきましたが、綺麗な色にしたい場合はズプリームのフルーツ味を使えば赤、黄色、オレンジが綺麗にできますね。

フルーツ味になるのでカボチャパウダーは混ぜない方がいいかも。

 

●撮影小物を作る●

今回のハロウィン兼誕生会なので、オレンジを基調にした背景や小物を作りました。

いつも使ってる食器棚は背景をハロウィンのものを新たに制作し、撮影背景もオレンジの布を用意しました。


そして新たにスイーツとお茶セットをビオラときーしゃタイプのを新たに制作しました。

今回カップやポットを羊毛で作りましたが、粘土よりほっこりしてこれはこれで良いかも。

 

↓パーティーで大はしゃぎのきーしゃとビオラ※ほぼビオラしかうつってないけど。

きーしゃはイスを蹴り倒すし、ビオラはクッキーを皿ごと放り出そうとするし(^^;

 

 

 

saori * 小鳥カフェ * 14:45 * - * - * - -
このページの先頭へ