<< 小鳥カフェへようこそ! | main | 怒ってます(^^) >>

白いバラが咲く時

白いバラ
backこちらも、「 Felting Posse」用の作品です

我家では旅立ってしまったインコ達は椿の木の根元に埋葬しています
身体はやがて土へとかえって椿の中へと入っていくでしょう....
椿の新芽が芽吹いたり花が咲いたりすると、インコ達の命がつながっていっているんだな〜
となんとなく思ってしまいます
とくに花の季節はみんなの鳴き声のように賑やかでみんなに会えたような気持ちになります

そんな思いもあって作った作品です
椿ではなく白いバラにしました。
たろちゃんを作ったので、たろちゃんはなんとなく白いバラの方がイメージだったからです
「身体はやがて白いバラへと変化して花が咲く時期また貴方の笑顔に会えるんだね」

そんな気持ちのこもった作品です

「Felting Posse」用の作品は展示の方が多くなります
この作品も展示です
思い入れの大きい作品はやはり販売できませんし
羊毛フエルトはそれなりに手がかかってしまって時間をかけて製作しているうちに
「販売できない!!」という気持ちが大きくなってきてしまいます
ちょっと前まで販売できる作品!と思っていたものも
やっぱり....と迷ってしまってます
いまの所...小さい作品が2.3点くらいでしょうか....
あとは私の頑張り次第でもうちょっと追加できるかどうかです
販売だけでなく、展示作品も見ていただきたいな〜という気持ちから
参加を決めた展示なのでみなさんには里子として引き取っていただくだけでなく
作品から私のメッセージみたいなものを受け取っていただけたらな〜
なんて思っています

この作品は私が「あみぐるみ」を土台にして作っているんだな〜
というのが よくわかる作品になってます
普通に鳥を作る時のように鳥の羽色を刺繍していくのではなく、
バラの模様を刺繍しました
顔はあみぐるみ部分がでていますし、
刺繍も薄めにしているので編み目が見える感じになってます
なんとなく「変化」という事を表現する時にこんな手法もいいな〜と思ったので....
鳥部分の製作時間でいえば、このタイプの方がスピードアップ!なんですが
私の場合他に色々作りこんでいくのでやはり羊毛フエルト作品は時間がかかってしまって
思い入れが大きくなってしまいます
本当はこのタイプ、何点か製作して、旅立ってしまったコのための祈りのような癒し作品として迎えていただくのもいいかな〜なんて思っていましたが
この作品を作るだけで力つきてしまいました

kaori * KAORIの手作り日記 * 14:30 * - * - * - -
このページの先頭へ