<< 救急の日 | main | 毎度の事ながらイチャラブです >>

発情抑制の事

twitterで発情抑制に苦労してる人がけっこう多くいるなと常々思ってます。

うちもそのうちの一人なわけですが、色々努力はしてるけど

なかなかスッキリ止まりました。となるのは本当に難しい。

それで苦労してる中に、まだ止める必要無いのでは?と思う人もいて

発情は絶対来させてはいけないと誤解をしてる人もいる事に気がつきました。

発情は過多に来ると病気になってしまうけど、正常なのを無理に一生止めるのも良く無いのです。

犬猫のように不妊手術ができれば別ですけど、そうでは無い鳥には

生理生態に合わない不自然な生活を与える事になってしまうからです。

発情自体は病気ではなく、正常な事。正常に発情するかどうかも、健康を知るバロメーターにもなりますので

必要以上に発情止めないと、と追い詰められてる飼い主さんがいると、もっと肩の力を抜いて大丈夫だよと言いたくなりました。

でもうちはビオラが2ヶ月ごとに産卵しちゃって日々抑制努力の日々です。

でもなかなか難しいのです〜〜。それだけ発情抑制は大変なので、日々疲れちゃう飼い主さんの気持ちもわかります。

 

 

 

saori * インコ達 * 22:05 * - * - * - -
このページの先頭へ