<< 8月になりました | main | 我が家のニギコロまとめ >>

ニギコロの誤解

昨日も深刻なお話でしたが今日も深刻なお話です。(^^;

連日twitterがザワザワしております。

ニギコロについて安易に動画で紹介して、もっと危険性など伝えてほしいというツイートから、ニギコロをさせるなという流れがありーの、ニギコロは爪切りや保定など健康管理をスムーズにする練習のためになるという意見もありーので、ニギコロの是非というのげザワザワしているようで、私はニギコロは無理やりやらなければ、健康管理のための慣らしもあるので、普段から慣らしておく派で推奨とまで言いませんが、無理なくできればいいね。という考えです。

それで、みなさんがニギコロのことを論議してる中、

ニギコロしてる派の方が握らなくても自主的にやるものだ。と言われてるのと、やられてる方が手の上でニギコロと呼んでるのを見て、あれ?と思いました。

↓理由はこれです。

今のニギコロは手のひらで仰向けにしてる事、もしくは仰向けに握ってる事を言われているようですが

品評会で出会った鳥さんが仰向けで両脚を握りあってるのを飼い主さんがニギコロと呼んでいたのです。たぶんこの方が使ったのが語源かと。

うちでもその頃すみれちゃんが仰向けでオモチャで遊ぶ子だったので、手のひらの上でもオモチャ抱えて仰向けになっていました。

これは当時ひっくり返り、コロリンなど我が家では呼んでました。

脚をにぎり合う姿がかわいくて、すみれはオモチャを持たないと仰向けにならないのでニギコロはできないなぁと思ってました。

すみれの後ちまめやだだちゃ、つくしも仰向けになるようになりまし、世の中にニギコロが広まってきたので

仰向けになってる事をまとめてニギコロと呼んでました。

でも脚を握ってないので正式ではないよなぁとは思ってました。

すみれの他ちまめもオモチャを持って仰向けになる子ですが、つくしやだだちゃは好きな相手と手の上でイチャイチャしてるうちに脚握り合って仰向けになる。という感じで、遊び?なのかな?と思います。

今いるきーしゃとビオラは、きーしゃは元々オモチャを掴むのでためしに持たせて転がしたらそのまま遊んでました(^0^

転がるだだちゃんとつくしも見てたのでだだちゃんと遊んでいるうちにきーしゃも手の上で転がるようになりましたし、転がってイチャイチャするのが好きみたいで、だだちゃんがいなくなり、ビオラがやって来てからビオラを掴むようになり、ビオラもチビだったのできーしゃのやる事に従順で自然とアンヨ握り合って転がるようになりました。

これが我が家の愛情表現なのかもしれません(^m^)

きーしゃが時々ビオラへの愛情が爆発してちょっと乱暴になってしまう時は、このニギコロをやって転がしておくとクールダウンするので、きーしゃが荒ぶったらやるようにもしてます。

ニギコロはその子その子によってやる意味があると思うので、その子に合わせてやるものだと思います。

 

このニギコロの話題で気になったのが、仰向けにすると鳥は自然でも仰向けになる事はほとんど無いから心臓発作を起こす事がある。というものです。

これはちょっと気になる話題でしたので、また追加でツイートしました。

すみれちゃんは原因不明で痙攣が止まらなくなり、最後は寝たきりで仰向けにしておかないと抗痙攣剤を飲ませても痙攣が止まらなくなりました。

主治医にも仰向けにすると痙攣が止まるのは謎だと言われましたが、それで止まるなら鳥本来の姿勢では無いけど、仰向けにしてる方が良いだとうと言われて、できるだけ仰向けになるよう、時には転がらないよう布等で固定したりもしました。

こういう経験があるので、鳥を仰向けにすると心臓発作で死ぬというのがピンと来ません。

これも無理に仰向けにするからストレスがかかって発作が起きるのだと思います。

ニギコロは芸を教えるのと同じようにエンリッチメントや体調管理の上で必要だからやるものだと思ってます。

だから無理強いはしない。やりたがらない子にはやらない。

だからニギコロ自体が良いか悪いかでは無く、うちの子ができるかできないか、合ってるか合わないかだと思います。

かわいいから無理やりやらせる。映えのためにやる。というのはいかがなものかと思うけど、

ニギコロ自体を否定するのは極論になりすぎてしまうと私は思います。

 

 

saori * インコ達 * 23:34 * - * - * - -
このページの先頭へ