<< ヒヨドリを保護しまして | main | インコなお汁粉!(鏡開き) >>

最後のヒヨドリちゃん

怪我したヒヨドリちゃんはkaoriが施設に届けに行ってます。

詳しいことは後でkaoriが記事にすると思います。

↑上のは最後に動画を撮りました。

数日保護して噛む力も走る力も強くなり、果物もモリモリ食べてくれました。

ただ翼は動画のようにだらんとなったまま全く回復しません。

素人目でもう飛べるようになるとは思えませんし、ここ数日はばたくこともほぼできませんでしたから、自然に帰る事は絶望的なんでしょう。

管轄から保護許可が出なかったので(このへん詳しい事知らないのですが)うちでは保護できませんし

野鳥飼育の知識もなく、長期保護する環境も整っていないので、ちゃんと保護できる所にお願いした方がこの子は長生きできると思います。

偽善かもしれません。最後まで保護できないのなら助けるなというのもあるかもしれません。

保護か自然の糧にするか、何が正しいのかどちらが良かったか私は断言できません。が、この子ができるだけ長生きできれば良いなと思いました。

そういえば動画見てわかるように、けっこう人の目の前でもガンガン食べるのでわりと度胸座った子のようでした。

ヒヨドリの雌雄判定は難しいそうですが、コザクラ的に言えばこのずうずうしさ(^0^;は、メスっぽい。

最後の最後まで元気で果物モリモリ食べて施設に出発していきました。元気でねー!

saori * インコ達 * 16:06 * - * - * - -
このページの先頭へ