<< 久々の水浴びです | main | 編み目の数 >>

山形のだし活用法


このところ2〜3日に1回のペースで山形のだしを作っています。

もう夏はこれさえ常備しておけば、食欲が無くても、さっぱり冷たいもの食べたい時でもすぐに使えて便利です。

我が家ではそのまま食べる事の方が少ないかも?で、利用方法です。

【サラダ】

うちでは大根やきゅうり、レタスの千切りの野菜にだしを混ぜたサラダが好きです。

だしが味が濃いので、千切り野菜は塩もみ無しで使います。

味が足らない場合は醤油ベースのドレッシングをお好みでかけるといいかも。

上に白髪ねぎや大葉の千切りをトッピングするとおしゃれになります。

【冷汁風】

普通冷汁は豆腐と魚、きゅうり、みょうがを使い味噌と白ゴマで味付けしますが、だしを使う場合はこれで十分味がついてるので、豆腐におかかとかじゃこなど魚系のものを混ぜて、豆腐と和えてごはんの上にのっけます。

味付けは基本醤油だけですが、味噌と白ごまを入れればより冷汁風になりますし、ごま油とラー油、醤油でつけ、卵黄をトッピングするとちょっと中華風な味付けになりますので、色々味な楽しんでます。

【素麺】

我が家では夏は素麺が主食になりがちなので、だしも素麺に使うのが一番好きかも。この時普通のだしだと麺とからみにくいので、具材を全部千切りにしておくと、麺に絡んで食べやすいです。

普通の細かい微塵切りでもいいんですが、食べてるうちに麺つゆにだしが流れてしまうので、細かい時は麺つゆは少なめにした方がいいかも。

【冷しゃぶのタレ】

うちは豚肉と鳥肉しか食べないので、このどちらかをしゃぶしゃぶ、もしくは蒸し鶏にして冷やしておきます。

肉をしゃぶしゃぶする前に塩をふって片栗粉をまぶしておくと、つるっとした食感になります。

この上にタレとして山形のだしをかけて食べますが、普通の細かい微塵切りよりも、具材をけっこう大きめの角切り?にした方がタレ感が出て好きです。細かい微塵切りが好きな方はこちらでも良いと思います。


山形のだしは細かい微塵切りにするのがおいしさのポイントと言われますが、これが切るのがすごい手間ですよねー>_<;

大量に作っても2日くらいであっという間に食べちゃうし、なかなか次々と作るのは面倒になりがちですが、アレンジによって千切りや角切りでも使えるので、切るのが面倒臭い時はこれで乗り切ります。

夏は食欲が無くなりがちですが、だしのみょうがや生姜、大葉など香味野菜が食欲増進させるし、さっぱり食べられますし、きゅうりは体を冷やす効果もあっていいですよね。

それに海藻やオクラのネバネバ成分は腸壁を守ってくれるので、冷たいものを摂取しがちで弱りやすい腸を元気にしてくれるので、夏にはかかせません。

漬物なので作って3〜4日は日持ちするし(うちではすぐ食べちゃうので2日しか持ちませんが(^^;)

大量に作って小分けにして冷凍しておくのもいいですよ。

暑くてだるくて料理したくない時は、これを常温で解凍してアイデア次第で色々具材を足せば、そこそこの食事ができますしおすすめです。

 

saori * 小鳥カフェ * 23:45 * - * - * - -
このページの先頭へ