<< ラディッシュ掘り! | main | パウンドケーキをデコってみました >>

スイカズラを収穫


金銀花茶にするため、庭のスイカズラの蕾をこのところ毎日収穫しております。

↑画像でもかなりの蕾の量だと思いますが、今のところこの5倍以上は収穫できてます。

残りは明日と明後日で収穫できてしまうかな〜?という感じまできました。

これを干すとかなり縮んで少なくなりますが、去年収穫したより3倍くらいのお茶ができるはずなので、もったいぶらずにどんどん飲めそうです。

と、言っても金銀花茶を作る目的は、豆花用のシロップを作るためなので、今年の夏は豆花のおやつがたくさん登場作ろうかなー。

豆花はトッピングで味を色々楽しめるし、フルーツの缶詰とか安売りのを今から探して買っておこう!

スイカズラは(甘い蜜を)吸う葛という由来で名前がついたように、花の根元に甘い蜜があります。

これを昔の人は花をつんで吸っていた所からスイカズラとなったそうです。

別名、忍冬と書いてニンドウとも呼ばれますが、半常緑で冬を耐え忍ぶ姿が由来だそうです。

かなり成長が良くてうちの庭で大繁殖してとんでも無い事になってるので、去年から少しづつ手を入れてやっとこの夏に、スッキリした状態になれそうです。

そのためにも早く蕾を収穫して、蔓をバッサリと整理したい所です。


ところで、この甘い蜜を持ったスイカズラを前にして、きーしゃがどんな反応するかな?と思ったのですが、画像のように足で踏み潰しても何も感じていないようです。

インコの臭覚は人間とほぼ同じくらいと言われるので、多分花の良い香りはわかっていると思うのだけど、それがこの花からで、これを齧ると甘い蜜が楽しめるという事がわかっていないようです。

花蜜食の鳥種なら、本能的に花には反応するのかしら?コザはあまり花には反応しないけど、今度花の根元をなめさせたら気がつくのかな?それともこの味は、香りからして好きでは無いという事なのかしら?

果物のように、メチャクチャ甘いわけでは無いですから、きーしゃもりんごの方がいいのかもしれません(^^;

そうそう、この花を食べさせられるのも、我が家の庭で無農薬で育てているからで、市販の観賞用の草花は、エディブルフラワーとなっていない限り、無毒なものでも農薬などがついてるので食べさせないようにしてくださいね。

こういう理由から、放鳥中の室内に観葉植物を置かない方が良いと言われます。

有毒植物に気をつけるのはもちろんですが、無毒な植物も無農薬以外は鳥達の口に入らないよう近くに置かないようにしましょうね!

我が家は撮影で観葉植物を背景に使う事はありますが、それはインコの口に入らないよう遠ざけて撮影しています。

花と近くで撮影したい場合は我が家では布花を使ってます。

市販でもけっこう高めのシルクフラワーはかなりクオリティーが高いので、こういうのを撮影で使うのがおすすめです。

 

 

saori * インコ達 * 23:55 * - * - * - -
このページの先頭へ