<< モコモコ新生物? | main | インコの腹チャック >>

 中国語で

twitterに中国語でコザクラインコは「桃面愛情鳥」と書くのがかわいいと流れてきました。

で、そう言えば自分の著書の「ザ・ラブバード」が台湾で出たなというのを思い出して、いただいていた献本を調べてみた結果

(↓twitterにアップしてます)

コザクラは桃面小鸚、ラブバードという意味では情侶鸚鵡。

他にも表記があるけれど、これは英語でピーチフェースやローズフェースと表記が違うのと同じかと。

中国語明るくない(語学どれもダメですが>汗)ので、北京語や広東語の違いなどもわからないけれど、レスをいただいた中に中国の方のコメントがあったけど、翻訳アプリだとアバウトにしか意味わからなかったけど、中国語でも2種類の言い方するよ〜みたいな感じのようです(^^;

 

他に、ではボタンはどうなの?というのがあったので、ついでに著書を見てみたら、キエリクロボタンの漢字が出てこなくて打てないので著書のスクショをのせてみた。

(↓twitterにアップしてます)

4種のボタンインコをまとめて言う場合は中国語でも牡丹そのまま使うようで牡丹鸚鵡。

それぞれのボタンの表記は以下の通り(キエリクロは漢字出ないので画像参照)

キエリクロボは面に(卓のあみがしらがついたやつ)+情侶鸚鵡

ルリボは費沙氏情侶鸚鵡

クロボは黒頬情侶鸚鵡

アカボは紅牡丹

※アカボタンはニャサとかリリアナラブバードと呼ばれるものだけど、日本語表記ではボタンインコが正式。でも、これだと他のボタンと混同しちゃうので本書ではブリーダーさんが使ってたアカボタンを採用してます。(この注意書きも本書に入れてます)

それを受けてこの台湾版も紅牡丹と表記したのかもしれないかなってちょっと思います。

他のと会わせると◎◎(ニャサやリリアナを捩った漢字)情侶鸚鵡となりそうなんだけど、中国語にはされていなかったのかもしれませんね。

saori * つぶやき....... * 23:22 * - * - * - -
このページの先頭へ