<< 出発の日と花祭り | main | 駅弁の日 >>

遺伝品種オタで良かった事

twitterでラブバの遺伝品種オタと話題を出したので

ついでにオタクになって良かったなと思った事↓

『羽毛異常に気がつけた事です。』

我が家では羽毛異常に何羽かなりましたが、その中でも青色化しただだちゃとつくしが

品種に詳しかったから気がつけたのかもと思えて

オタで良かったと思いました。


↑つくし。本当に緑からみごとに青くなりました。


だだちゃんは、つくしが前例であったので「またか!」と思いました。

つくしより青より茶色?黒っぽくなりました。


(↑クリックすると大きくなります)

赤や黄色になる羽毛異常は目立つ色なので異常に気がつきやすい。

ただし赤や黄色になっても色変わりだったと病気と気がつかない事もあります。

赤はコザクラではレッドチェリー以外ありえない色(頭部以外)なので

わりと何だろう??と異常に思う人も多いようですが、黄色も毛引き等で毛根が痛むと黄色に変色するし、パイドは年齢とともひ広がるので、黄色もある意味気がつきにくい個体がいます。

青色に限らず、羽毛異常は色の変化だけでなく質の低下も見られる事が多いので、健康なうちから毛質等もよく観察しておくといいです。

羽毛異常は病気そのものでは無く、病気の症状の1つなので、どの病気なのかによって色に違いがあるようです。

羽毛異常そのもので落鳥するというものでも無いですが、それを引き起こしている病気があるので

ただの代謝異常なのか、病気(特に内臓関係)によるものかで命の危険度も変わって来ます。

羽を見ただけではどちらからわかりませんから、羽毛異常が見られたら

できるだけ早く獣医さんに診てもらって治療をすることをおすすめします。

我が家の場合は羽毛異常けっこう繰り返したので、元々内臓疾患持ちだったのもあるので内装疾患の影響と思っています。

saori * インコ達 * 22:50 * - * - * - -
このページの先頭へ