<< 講習会でした | main | ぼちぼち製作 >>

鳥カフェ講習会日記


 昨日の講習会で集まった鳥カフェ「FUKUROKOJI CAFE」の料理達。パンもオーナーのりこさんが焼いてくれたのですが、本格的なパン屋さんの味!お腹いっぱい食べちゃいました。
講習会と撮影が終わった後に出たデザートも、疲れて甘いものがほしかったので最高においしかったです。

ランチが終わってから講習会開始!時間が無いのでみなさん必死に手を動かして作品を作りました。私も教えるのに必死で制作過程とか撮影する余裕もなく、何とかカタチになって来た所で撮影する余裕が出ました。
画像は出来上がってきた作品を不思議そうに見る和泉ちゃん。制作中ずっと飼い主さんの肩にいておりこうでした。

我が家のきーしゃはこのスタンドでずっとシードを食べまくり。時々飛び交うコザ達の起こす風でえさ殻が舞い、羊毛にふりかかって制作の邪魔に>汗
←ほぼ、昨日と同じような画像。みなさんの完成品!必死でシードを食べてる2羽はキヨちゃんとみのりちゃん。
もっと記念写真ぽく顔をあげてほしいのですけど、誰が撮影しても、何枚撮影してもほぼこの状態>汗
作品の羽はうちの子の羽を使うものなのですが、アングルが良く無かったせいで、羽がよく見えませんね。もっと横からも撮るんだったなぁ。
キヨちゃんとみのりちゃんを前向かせるのに必死で作品の事考えてなかったは…>汗
だだちゃんがいなくなって、きーしゃは久しぶりにコザクラに会ったので、カフェに到着した時から目を輝かせて、お隣のキャリーに声をかけまくりでした。
放鳥したら怖がられようが、明るく鳴いてご挨拶!無視されても逃げられても近くにいた鳥にご挨拶!
あまりな勢いでちょっとドン引きされてしまったのか、あまり仲良くしてもらえなかったけど、いっしょにご飯食べたり鬼ごっこ(ときーしゃは思ってるけど嫌がられて逃げられただけ)で遊んだり楽しそうでした。
ただ、参加者の方が、中型インコが入るくらいのキャリーになるケージで来ていたのですが、これがだだちゃんの病室にしていたケージと同じで、放鳥中に「ん?」と気がついたら、外に出ていて誰もいないのに、そのケージの前できーしゃが中を必死に覗いていて…。だだおばたんが中にいるのでは?と探しにきているんだなと。楽しい鳥達との交流でも、やっぱりだだちゃんを思い出して寂しくなっちゃったのかな〜?と切なくなる飼い主でした。
でもその後にカフェのスタッフこちびちゃんに、いっしょにニギニギさせてもらえて、久しぶりの鳥との接触と温もりを感じで「きゃっきゃうふふ〜」な感じでした。傷心のきーしゃをなぐさめてくれて、こちびちゃん。ありがとうね!
一瞬。「きーしゃこのままカフェの子になるんで、飼い主は帰ってね!」と言われるんじゃないかとドキドキしたり。
思い起こせばだだちゃんも愛しのクリちゃんがいなくなって傷心だった時、カフェのはなちゃんに出会って、キッスしまくる(はなちゃんは嫌がってましたが)ほどストーカーになったよな。とか傷心になった我が家の鳥達が、カフェスタッフさんに凄く救われているなぁと思いました。
どこかにきーしゃといっしょにニギニギしても嫌がらない子がいないかなぁ〜。
saori * インコ達 * 20:01 * - * - * - -
このページの先頭へ